更新履歴
鼻をかんでいる女性

タミフルは現在の日本国内でインフルエンザに対する特効薬としての地位を確立しています。
インフルエンザと診断された時に真っ先に処方されるということも少なくないのですが、しかしながら今後もタミフルがインフルエンザに対する特効薬であり続けるのかと言われると、やや怪しいと言える部分が出てきました。
ではどうして怪しいと言えるのかというと、それが「タミフル耐性ウイルス」の登場です。
耐性というのは特定の医薬品成分に対抗する力を持つことで、インフルエンザウイルスの一部には既にタミフルに対抗して耐えてしまうものが見つかっています。
2016年7月末に国立感染症研究所から公開されたデータでは2,399の解析株の中には44株の耐性ウイルスが見つかりました。
割合からすれば1.8%、100人が感染したとして約2人には既にタミフルが効かなくなってきているわけです。
1.8%というとごくわずかであるようにも見えるでしょうが、日本国内でインフルエンザに感染する患者数は年間1,000万人ほどとされていますから、割合だけを見れば18万人ほどのインフルエンザ患者にタミフルが効かなくなったと考えられます。
こう考えると耐性ウイルスの登場はかなり大きな問題であることが分かるでしょう。
また時折「耐性が付くと言っても全く効かなくなることは無いだろう」と言われることもあるのですが、ここで見るべきとなるのはアマンタジン塩酸塩という薬です。
この薬はかつてインフルエンザA型に対して処方されていたのですが、国立感染症研究所で101株のインフルエンザA型にアマンタジン塩酸塩を投与した検査の結果、その100%がアマンタジン塩酸塩への耐性を持っている結果が出てきたのです。
このように今後タミフルも全てのインフルエンザに耐性を持たれる恐れがありますから、今後のインフルエンザに対する対策はより深く考えていかなくてはならないと言えるでしょう。

記事一覧
病原体

タミフルはインフルエンザの特効薬として一躍脚光を集めた薬であり、毎年のように大流行するインフルエンザ...

サイト内検索
最近の投稿
アーカイブ